アルモデル やさしい私鉄戦後型電機(デッキ付)(・ω・)

どうも、こんばんわ。土井善晴です。Picaです(・ω・)

c0136122_22313165.jpg


今日はアルモデルさんから発売されている「やさしい私鉄戦後型電機(デッキ付)」キットをベースに冷蔵庫の残り物ありあわせのパーツでおいしいおかず乙な車輌をつくってみたいと思います~。









はい、まずはボディを箱にしていきますよ~
c0136122_21482257.jpg

アルモデルさんの「やさしい」「とても簡単」シリーズは真鍮素材のキットでありながら、組み立てにハンダ付けが要らないんですね~
ウチのような、ふにゃテクなコールドビルダーwには大変お手軽なキットです~

今回は塗装の都合がありますので、折り曲げ済みのボディにホワイトメタルのフェイスを瞬着で貼っておきます~。

c0136122_21371231.jpg

画像の構体の屋根にマスキングでバッテンしてあるのは、パンタグラフの位置決めですね~。

c0136122_21421329.jpg

構体の仮組ができましたら、下回りとあわせて一度ここで試運転してみましょ~か~


ここで所定の輌数を牽けるかどうかのチェックをしといてください~。
ウチの場合は機関車1輌につきパワトラ1台の味付けでいけました~。
しかしやや空転ぎみだったので~、最後にウエイトを積んで味を調えます牽引力を増やしておきます~。

さて、次は塗装です~。
素材が真鍮なので防錆も兼ねて、まずは内装から~。
c0136122_220877.jpg

マンセル2.5G7/2に近いクレオスガンダムカラー#SG06 MSグリーンを噴きます~。

外装はGM西武イエローで地色を整え、クレオスイエローで発色を調整します~。
地色で失敗してもていねいにアクをすくうと塗面を均してやると問題ありません~。

帯色が塗れたら、マスキングして車体色のクレオスレッドブラウンを噴きます~。
c0136122_21533484.jpg

仕上がったら、ちょちょっとタッチアップしていただいてですね~。


ライトレンズなど入れてもらってモチベーションをあげてもらってもかまいませんよ~w
c0136122_21541894.jpg



ここで、ちょっと一工夫。
端梁をキットのものではなく、0.5mmプラ板から切り出した自作のものであしらってみましょ~か~。
c0136122_2155969.jpg

マンガを描いて…

c0136122_21572647.jpg

塗装前にあてがって確認します~。


他のパーツの塗装が終わったら~。
c0136122_2158877.jpg


いよいよ総組立でございます~。
まずは足回りから
c0136122_2159826.jpg

どうでもいいパーツに定評のあるスプレー缶塗装を施すあたりに弊鉄工所のナナメ上のこだわりがみられますね~www

c0136122_2284288.jpg

ウエイトをのせてみました~。
寸法を測らずに売り場で一番大きいウエイト(エンドウ/機関車C)を買ってしまったので、矢印のトコにあるボディ留めネジ穴がふさがってしまいましたよ~アホですね~ww

構体側にもパーツをつけていきますよ~
車内ガラスを入れて、屋根上は背の低いパーツから盛っていきます~。
c0136122_22105555.jpg

パンタグラフは、以前このために江坂ホビセンの特売で買っておいた2個1000円のEF58用らしきものwを乗っけます~。


先程の端梁も取付けていきますが~、
c0136122_22135939.jpg

ボディと端梁を取り違えて、ひさしつきの454のボディにテール埋め込み式の456の端梁とその逆をやってしまいましたね~、どアホですね~ww
しかも「はずして付け替えるのメドイ('A`)」とか抜かして作業続行してますよ~最低ですね~www


それでも何とか上下をあわせてカプラーを取り付けて、できあがりです~。
c0136122_22185770.jpg

アルモデルやさしい私鉄戦後型電機(デッキ付)のオーロラ風w三岐風でございます~。


お皿箱に盛り付けてっ…
c0136122_22211311.jpg

妙な気合を入れて作ったラベルwを良くみたら「EF454/EF456」になっていてマヌケですね~www
作者共々EDなのにねぇ~(ヲィw
ED456のテールランプの位置が両端に寄りすぎて、ナニやらプラレールの103系みたいなファニーフェイスを醸して面妖ですね~ww
「ノリとイキヲイとナナメ上方向の情熱」だけで製作してしまう弊鉄工所らしい一品でしたw


というわけで今日は、夏のお酒セメント貨車に良く合う料理機関車をご紹介いたしました~。
土井善晴でした。Picaでした(・ω・)ノシ



[次回予告](パッパパーン♪w

小野田系セメント貨車に加え、名状しがたい三岐線の電機らしきものwを製作したPicagata鉄工所。
はたして、このアヤシゲな茶色の筐体の効果はいかに…
その試運転の傍らで、悶絶する紳士の姿とは一体…
次回『Picagata鉄工所』 第?話「伊勢の風になって」

Picagataの野望がまた1編成……(・ω・ )w
[PR]
by z-pica | 2013-07-16 22:40 | 【HOゲージ/車両製作】 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://picagata.exblog.jp/tb/20511415
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by おやまぁ at 2013-07-17 17:39 x
値札が見えませんが(笑)
Commented by 運転担当配車係2 at 2013-07-17 18:17 x
DD51も導入して三岐→JRへの継走を再現なさってはいかがでしょう。
某駅では並んで留置してますし(貨車に連結するまでの短い間ですが)

Commented by z-pica at 2013-07-18 01:06
おやまぁさん>
こんばんわ~(・ω・)ノ

>値札
時価ですwww
Commented by z-pica at 2013-07-18 01:07
運転担当配車係2さん>
こんばんわ~(・ω・)ノ

>DD51
抜かりなくw

>某駅
その辺りも抜かりなくww
<< アルモデルED45タイプ試運転... 黄色の惨劇(・ω・) >>